水素水より高い抗酸化力|ランキングで質の良い身長を伸ばすサプリをゲット
女の人

ランキングで質の良い身長を伸ばすサプリをゲット

水素水より高い抗酸化力

水を飲む人

違いはどこにあるのか

活性水素水は水素水とどのような違いがあるのかをよく知らないという人も多いのですが、実際には全くと言っていいほどに違いがあります。通常、水素水は水素を水に溶け込ませているものですが、活性水素水は水素が原子の状態のままで存在しているものです。空気中の水素は水素原子が2個くっついている形ですが、それが1個ずつの状態のままで活性水素水の中に存在しているのです。体内に入った時に活性酸素と反応して水になるという抗酸化作用が起こりやすいのは水素原子の方だと言われており、原子の形のままで体内に取り込めることが出来る活性水素水の方が抗酸化力が高いと言われているのです。活性水素水は電極を利用した電気分解やマグネシウムと水の反応によって作られるためサーバーやスティックタイプで販売されているのが特徴です。

減りやすいのも特徴

活性水素水に含まれている水素の原子は、発生させることが出来ても半減期がとても短いと言われているため、すぐに失われてしまいやすいのが特徴でもあります。そのため、出来立てを飲むことが重要になってくるので、サーバーやスティックタイプとして販売されているのです。これらの理由から家で作って持ち運ぶというのは出来ないので、朝起きてすぐの、これから活動量が増えて活性酸素の発生量が増えるタイミングや、夜眠る前の日中に出来た活性酸素を除去できるタイミングで摂取するのが効果的だと言えます。また、1日大量に飲んだからと言ってその効果が持続するわけではなく、活性酸素は毎日生成されているので、毎日継続して飲み続けることが重要になります。